top of page
緑の屋根

私たちは最先端のナノテク技術を通じて
世界が目指す
持続可能な開発目標(SDGs)達成に
取り組んでまいります。

窓×SDGs

7
9
12
13
施工写真

ENERGY SAVING

環境・省エネ対策に貢献

窓の遮熱・断熱・UVカットコートを施工することにより、冷暖房機の過度な利用を抑え、エネルギー消費量・フロンガス排出量・空調費を大幅削減することができます。最先端のナノテク技術により、省エネ効果とクリーンエネルギーの普及に貢献し、一年中温度差の少ない省エネ環境の普及・地球温暖化に力を注いでいきます。

天然資源の活用・廃棄物削減に貢献

ウインドウフィルムの場合、【耐久性5~7年】で切貼により材料20%ロス・廃棄量が多いことに対し、ガラスコーティングの場合、【耐久性15年】と長く、専用ローラーに30%保水分のみ。膜厚8μmの薄膜の重量で廃棄量も少なく済みます。

7
9
12
13

折板屋根・室外機周辺×SDGs

遮熱・断熱効果による省エネ対策

折板屋根・屋上室外機周辺の遮熱・断熱コートは、空調費削減が最も効果的。低いコストで省エネ効果も期待でき、施工後すぐに確認できます。省エネカバーコートの検証で前年比比較すると、年間16.4%も省エネできたことがわかった。遮熱・断熱だけではなく防水・防錆機能もあるので一気に問題解決できます。

耐久性が上がることによる廃棄物削減

アクリル樹脂とりゅの耐久性年数は6~8年程度
ウレタン樹脂塗料の耐久性年数は8年~10年程度(防錆防水なし)RM断熱シールドによる耐久性年数は10年程度!さらに防錆・防水・断熱機能付きで省エネ対策をしながら、廃棄物削減に貢献していきます。

錆工事

ENERGY SAVING

ロゴ

SDGs宣言

​窓ガラス・折板屋根・室外機周辺の遮熱断熱コートを
中心に持続可能な環境・省エネ対策を推進していきます。

3
7
8
9
11
12
13
17

持続可能な開発目標(SDGs)とは?

フレーム

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

パンフ
bottom of page